【大阪でカウンセリングなら蘇生道】 子どもがケガしたら!

お問い合わせはこちら

ブログ

【大阪でカウンセリングなら蘇生道】 子どもがケガしたら!

2019/10/25

子どもがケガしたら!

子どもがケガしたら!

こんにちは。

蘇生道の山﨑美幸です。

 

子どもを育てていると、

予想外にケガはつきものですよね。

 

まさに今日も14歳の息子の中学校から

電話がかかり、頭を強打しました!!!

本人は大丈夫と言っていますが・・・

 

正直電話だと

わからない!!!

早く息子の顔が見たい!!!

 

コレが私の感想でした。

 

記憶をたどること約5年から6年前。

 

近所の公園に遊んでいた息子。

ブランコにはしゃいで乗っていて、

座っているお尻の板がすべって

息子の頭頂部にコツン!!!

 

流血で家に帰ってきました。

頭頂部がパックリ開いていました。

 

救急であいている小児科の病院へ。

 

結果、ホッチキスで傷口を

ふさいでくれました。

 

私的にはとてもビビりましたが!

 

今回は、頭を強打して数分間の

意識が飛んでいるということと、

視力が数分間見えない。

眠気がおそってきた。

気分が悪い。

 

ということで、

いつも行くクリニックから紹介状を

書いてもらって、CTがある病院へ。

 

14歳の息子ですが、

お子さんがいるご家庭で

このように頭を打ち付けて・・・

というようなことがあれば、

普段お世話になっている小児科へ。

 

そこから一番必要な場所はどこか、

教えてくれるので、迷ったら小児科へ。

 

流血を見てあわてなくても

とりあえず、小児科へということを

頭に置いてもらうと良いかなぁと

思います。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。