【大阪でカウンセリングなら蘇生道】 共有する良さを伝えてみてね

お問い合わせはこちら

ブログ

【大阪でカウンセリングなら蘇生道】 共有する良さを伝えてみてね

2019/11/05

共有する良さを伝えてみてね

共有する良さを伝えてみてね

こんにちは。

蘇生道の山﨑美幸です。

 

先日のことですが、

ある年上の女性の話です。

 

今チームが3人で仕事をしています。

どうしても、2対①になり、

仕事の量が私が多いので・・・

 

私というその職場に無関係な人にも、

ご自分の本当の気持ちを言えない方でした。

 

仕事を共有したい

同じ話の輪に入りたい

何より楽しく仕事がしたい

 

あとの2人より年上という事

自分の方が早くこの職場にいるという事

 

そのような気持ちから

どんな仕事も引き受けてしまう。

 

自分がやらねば!!!

 

よくありがちな事ですね。

 

でもね、ここで頑張りすぎる

そこのあなた。

 

何もかも善かれと思って、

お仕事引き受けていませんか?

 

ご自分のキャパがオーバーに

なっていることに気づいてませんか?

 

ムリするとご自分にも

良くないのはもちろんですが、

皆でお仕事を共有するって、

その仕事の流れが良くわかる

利点もありますよ!

 

与えられるお仕事を

しっかりやり遂げることも

もちろん大切です。

 

が、知らぬ間に自分しか出来ないって、

他の人にも迷惑がかかることもあります。

 

助勤(じょきん)

助け合って働くということ

 

他の人がやる事で、

仕事の効率もよくなり、

仕事の流れもわかる。

忙しさも分かり合えるから、

対策もできる。

 

良いこともあるんですよ!

 

自分のキャパがいっぱいで

相手にお仕事をお願いするって、

とても勇気がいることですね。

 

でもね、押し付けではなく

周りの方ともレベルアップ

はかれますよ!

 

全て渡すのではなく、

お互いが渡せそうなものから

少しづつ回していく。

 

最初の一歩。

ハードルの低い物から

挑戦してみてくださいね。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。