【大阪でカウンセリングなら蘇生道】 心が軽くなる60歳からの生き方

お問い合わせはこちら

ブログ

【大阪でカウンセリングなら蘇生道】 心が軽くなる60歳からの生き方

2019/11/12

心が軽くなる60歳からの生き方

こんにちは。

蘇生道の山﨑美幸です。

 

50代後半の男性からのご相談です。

 

今いわゆるお堅い職業についています。

定年というゴールが見えてきました。

60歳で退職するか、

給料が減っても65歳まで働くか・・・

 

この方は、40代後半から人のためという

事を意識しながらお仕事をしていました。

 

今年から仕事の合間に勉強しながら

資格取得をしていました。

 

その資格をいかして、

60歳で退職して独立するか、

65歳まで働いてからにするか!

 

家族の様子もお聞きしながら誕生日を

見て、その方のお名前の書き方もみて、

時の流れを見ていました。

 

結果からいうと

今はタネをまく真っ最中。

 

その種まきの時期は約6年弱続きます。

(細かいことはここでは省きますが・・・)

 

一昔前だと50代後半になると、

老後のことを考えて

夫婦ゆっくりとした生活と

なっていたのでしょうか?

 

今は違います。

 

定年をどこで迎えて、

第2の人生をどのように過ごすか!

 

その第2の人生は、

引退ではなく、新たなスタートです。

 

そのタイミングが知りたい!

それでいいかの答え合わせ。

 

この方の流れは、

65歳前後から変化します。

それまでは、同僚、仲間、友人を

大切にする時期。

 

それが終わると、

いわゆる何をするかが

明確になる。

 

つまり、断捨離が始まります。

 

その断捨離が65歳前後から。

 

このような流れの説明をしていると、ご自分から

「背中を押してもらいました。

今のタイミングがわかり、このまま

 勉強を続けてその内容を自分のものにします。」

 

人生の中で新たなことをするって

相当覚悟がいります。

 

未知の世界って、ストレスがかかりますからね。

 

いつもと同じ流れだと、大体の予測がつく分、

慣れていますが安心・安全なんです。

 

ストレスがかかるというのは、

枠にはまらない生き方。

 

一見楽なように感じますが、

うまくいくまでは、

自由という名の不自由に

感じるかもしれません。

 

そのあたりも一緒にお話し

しながら、なんとなくの

イメージ図が出来上がったようです。

 

最初はご自分の人生の流れを言われるのが

怖いとおしゃっていましたが、最後の方は、

頬がゆるみ前向きなご様子。

 

この仕事をしていて私が思う

うれしいひと時です。

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

追伸

良いお天気が続き、ベランダの花を

変えてみました。少し変えるだけで、

時間があるとその花を眺めてしまいます。

めでる幸せの時間です。

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。