【大阪でカウンセリングなら蘇生道】 キレるって怒っているのと少し違います

お問い合わせはこちら

ブログ

【大阪でカウンセリングなら蘇生道】 キレるって怒っているのと少し違います

2020/05/03

キレるという言葉を

耳にすることないですか?

 

こんにちは。
蘇生道の山﨑美幸です。



今日も主婦、主夫の方
一日お疲れ様でした!


GW真っ只中、買い物以外は家にいると
イライラしますね!


今日は、このイライラの中でも
「キレる」という内容を。

キレる = 怒りや怒っていると解釈している
ひとが多いと思いますが、=ではありません。


キレる人って、ガマンが足りないように見えますね。


きっと小さい頃から、
ガマンしなさい。ガマンしなさい。


家庭環境でありがちなのが、
あなたは○○○○だから、ガマンしなさい。
という感じです。



では、ガマンが足りないのか!
そうではありません。


ガマンするその前の出来事に対して、
その方は感情を表に出さずに
引っ込めてしまっている。


その引っ込めていることによって、
正しい感情が処理できなくなっている。


これが私の見解です。


私の事例でいうと、
妹がいるので、お姉ちゃんだから・・・
人前では恥ずかしいから・・・


ということを言われて、
ガマン = 自分の本当の気持ちにフタをする。


結果、アップアップしてあふれ出して・・・
という状態です。


 

正しい感情表現が出来ていないという事です。

 

ご自身の周りの大切な人
例えば、子どもやパートナーにそのような方が
いたら、怒っているのではありません。
わかって欲しいのです。

 

ではどうすればいいのか!

 

その方にあった内容をお伝えすることが
出来ますので、ぜひお問合せくださいね。

 

ほんの少しでも
参考になれば幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。